ハイブリッド・ティー系のバラ

ハイブリッドティー系のバラとは?

ハイブリッドティー系統のバラは、四季咲き性のバラで大輪品種のバラです。木立性、つまり、支柱に結ばなくても木自らが自立して成長し、8~12㎝以上の大輪が特徴的となっています。

春から初冬まで年間を通じ返り先を繰り返す四季咲き性なので、冬以外がキレイなバラを楽しめます。ただし、1茎ににつき1つの花なので、開花までの間隔が少し長めです。

ハイブリッド・ティー系のバラ

ハイブリッドティー系統のバラは、枝先に一輪の大輪を咲かせる品種が多く、切り花として用いられやすい特徴もあります。

ハイブリッドティー系統バラの歴史

ハイブリッドティー系統のバラは、2つのオールドローズ系統である「ハイブリットパーペチュアル系統」と「ティー系統」の2つが融合して誕生した品種です。

この2つの系統が交雑することで、ハイブリッドティーが誕生しました。ハイブリッドパーペチュアル系統には大輪を咲かせるという長所と、完全な四季咲き性を備えていないという短所がありますが、ティー系統がその短所を補い、四季咲き性が可能となったハイブリッドティー系統となりました。

ハイブリッドティーの一番最初の品種は、「ラ・フランス」という品種で、モダンローズの最初に品種としても1867年に発表されています。

つまり、初めてハイブリッドティーと認定された「ラ・フランス」を境とした1867年よりも前に作り出された品種のことをオールドローズ、それ以後の品種をモダンローズと分類しています。

人気のハイブリッドティー系統の品種とは?

ハイブリッドティー系統のバラには豊富な品種がありますが、代表的な品種として次のようなものが挙げられます

1993年に京成バラ園から誕生した深紅のバラ「熱情」、淡い黄色の花弁の縁に赤い覆輪が入ったグラデーションが美しい「プライムミニスター・アベ」、京都の川の名前を由来にした純白のバラ「白川」、鮮やかな赤花のやさしい印象の「レッドクリフ」、花色・花形・香りなどすべてがパーフェクトのドイツのコルデスが作りだした「コルデス・パーフェクタ」などがあります。

また、クリームベージュの淡い色が上品な「バニラ・パフューム」、千葉県にまつわる伝説の美女の名前が由来とする鮮やかなローズピンク「手児奈(てこな)」、故ダイアナ元皇太子妃にささげられたバラ「ダイアナ・プリンス・オブ・ウェールズ」は、現在「エレガント・レディ」という名前で親しまれています