資格講座の受験概要&受験資格

おすすめのバラ資格とは?

民間資格には、花やガーデニング関係の幅広い種類の資格があります。その中でも特にバラの栽培に特化した資格が注目されています。

特に話題となっている人気資格には、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「バラ鑑定士」と、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「バラの育て方インストラクター」です。

資格講座の受験概要&受験資格

これらの資格は、園芸業界で活かすことはもちろん、教える能力を有していることも証明するので、自宅やカルチャースクールなどでの講師活動もできるようになります。

バラ資格の受験概要と受験資格について

「バラ鑑定士」と「バラの育て方インストラクター」の2資格は、それぞれの協会が主催する認定試験に合格したら、資格が認定されます。受験資格は特に求められていないので、どなたでも自由に認定協会の公式ホームページで受験の手続きが行えるようになっています。

認定試験は年に6回、偶数月に実施されています。また、受験方法は自宅でも在宅受験を採用することで、地方に住んでいる方や外出することが難しい方でも気軽に挑戦できることで評判となっています。さらにリラックスした雰囲気のもと受験できるのも魅力と言えるでしょう。

受験費用は、どちらの認定試験も税込み10,000円です。2つの資格を取得したければ、合計20,000円で取得が可能です。ただし、1度で試験に合格しだ場合にかかる費用です。どちらの試験もバラに関する専門的な知識が出題されるため、しっかり勉強することは大切と言えるでしょう。

認定講座を受講して効率よく受験対策!

認定試験を1度で合格するためには、効率よく勉強することにかかっています。そこでおススメのツールは、認定協会公認の資格取得講座を利用することです。

そのひとつとして「諒設計アーキテクトラーニング」の「バラ鑑定士W資格取得講座」では、バラ鑑定士とバラの育て方インストラクターの2資格の認定試験に有効な講座内容を提供しています。

初心者の方でも安心して学べるようバラの基礎からはじまり、カリキュラムに沿って勉強するだけで試験勉強もバッチリ行えます。講座には、講座卒業後に個人で資格取得を目指す通常講座(税込み59,800円)と、認定試験免除で資格が認定されるスペシャル講座(資格保証込で税込み79,800円)の2種類のコースが用意されています。

どちらの講座も最短2ヶ月、通常6ヵ月という受講期間で2つの資格取得達成が可能です。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみましょう。

バラ鑑定士W資格取得講座