1年計画でバラを育てよう

1月~4月の作業

バラの栽培は、肥料や花がら切りなど1年を通じで作業があります。では、年間で行うべき作業内容を確認してみましょう。

1月:つるバラの剪定と誘引をします。アーチへ誘引したい場合は、好みによって上部・下部・S字状など異なる方向にもっていきます。また、元肥も根が休眠している間に施しましょう。根が活動する1ヶ月前に施すことがポイントです。

2月:まだ寒さが厳しい時期ですが、バラの芽は動き出しています。そのため、剪定は必ず今月中に終わすようにしましょう。もしまだ誘引が終わっていないとしたら、新芽に気を付けて行いましょう。

1年計画でバラを育てよう

3月:毎日少しづつ暖かさが増し、新芽が一雨ほとにふくらんでくる時期です。それと同時に病害虫も活発になるので、病害中対策が必要です。また、芽かきをしたり、傷んだ芽は切り戻しておきましょう。そして、表面が乾いてきたら水を与えるましょう。

4月:新芽が旺盛に伸びる時期です。鉢植えの場合、成長に合わせて鉢替えをしましょう。新苗の植え付けもこの時期に行います。

5月~8月の作業

5月:バラが満開に咲く時期です。大輪を楽しむために側蕾取りをし、花後の咲がらを忘れずにとるようにしましょう。花が終わるまで施肥を与えることはNGです。水やりは花や葉に当たらないように株元に水を与え、2週間に1度薬剤を散布するようにしましょう。

6月:バラが最も成長する時期です。つるバラのシュートは誘引しておきましょう。また、鉢植えは一回り大きな鉢に植え替えしましょう。

7月:バラが夏バテしないように、地植えのバラにも水やりをしましょう。

8月:夏に剪定をすることで、秋の花が美しく咲きます。その際、元肥をすき込みましょう。また、暑い日が続きますので、水やりをしっかり行いましょう

9月~12月の作業

9月:剪定後の新芽が伸び出す時期です。台風対策をし、新芽には水をしっかり与えましょう。涼しくなると病害虫も出てくるので、対策をしましょう

10月:秋のバラは、香り高く、花が最高に美しく咲きます。花が終わったら肥料を与えましょう。また、薬剤の散布は、開花前に終わらせるようにしましょう。

11月:大苗の植え付けの計画や下準備を始めましょう。落葉などは処分し、病害虫の予防をしましょう

12月:大苗の植え付けに最適な時期です。初めての方でも、安心して植え付けが行える適期としてバラ栽培の計画を立てていきましょう