バラのトゲに毒があるって本当?

バラのトゲに毒はあるの?

バラのトゲが刺さった…という経験をしたことを一度はしたことがあるでしょう。バラのトゲが刺さった後、腫れるなどの症状が現れるため、”バラのトゲには毒があるのでは?”と考える方も少なくありません。

バラのトゲに毒があるって本当?

しかし、結論から述べるとしたら、バラのトゲには毒はありません。しかし、バラのトゲが刺さった後に腫れることは事実です。なぜでしょうか?それは、とげが刺さった傷口から細菌や病原菌などが侵入し、化膿したことが原因と考えられます。

バラのトゲには種類がありますが、その多くは深く刺さります。そのため傷口も深くなり、化膿しやすいので十分注意して扱うようにしましょう。

バラのトゲが刺さってしまったときの対処方法とは?

では、バラのトゲが刺さってしまったとしたら、どのようにしたらよいのでしょうか?バラのトゲをとらずに、そのまま放置してしまうと、上記で見たように、化膿してしまう危険性があります。

したがって、トゲが刺さってしまった時は、トゲをしっかりとることが重要です。その方法をいくつかご紹介しましょう。

五円玉を使ってトゲをとる方法

  1. 五円玉の穴を、トゲが刺さった場所に合わせます。
  2. 五円玉を皮膚に押し込みます。
  3. 押すと穴のところの皮膚が盛り上がるので、ピンセットなどを使いトゲを取り除きます。

はちみつを塗る方法

はちみつをトゲが刺さった患部に塗るだけです。
はちみつには皮膚の再生力を促す作用や、殺菌作用があります。皮膚が再生すると、トゲが押し出され、取り除くことができます。

梅干しを塗る方法

梅干しをトゲが刺さった患部に塗るだけです。
梅干しの塩分の浸透圧の作用で、皮膚の水分を吸われます。そのため、皮膚の弾力が少なくなるので、トゲがとれるようになります。

これらの方法を試してもとれないときは、病院に行くようにしましょう。

今話題の「バラ鑑定士」資格

すべての人を魅了するバラには、豊富な種類と香り、色などがありその種類は3万種以上と言われています。そんな魅力的なバラについて資格取得を目指し、本格的に学んでみませんか?

「諒設計アーキテクトラーニング」では、「バラ鑑定士」と「バラの育て方インストラクター」の2資格取得が目指せる講座が用意されています。

この講座は、バラについて初心者の方でも問題なく学べるよう分かりやすいテキストが採用されており、最短2ヶ月で資格取得達成も可能です。まずは諒設計アーキテクトラーニングの公式ホームページから無料の資料請求をしてみましょう。

バラ鑑定士W資格取得講座