バラの育て方インストラクター(JIA)

「バラの育て方インストラクター」資格とは?

「バラの育て方インストラクター」資格は、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している民間資格です。この協会が認定している資格は、講師として教える能力が十分にあることが評価された人に認定されるものです。

バラの育て方インストラクター(JIA)

バラの育て方インストラクターには、講師として教える能力を保有していることに加え、バラの育て方に関する専門的な知識も求められています

具体的にはバラの品種、バラの種類、バラの花弁の形、日本原産のバラ、バラの選び方、バラを栽培する際に必要な道具、栽培方法、剪定方法、害虫や病害対策方法、バラの仕立て方法、育てたバラを再利用する方法などの知識やスキルを身に付けていることの証明となります。

資格取得後は、バラの育て方インストラクターとして園芸業界で活躍することはもちろん、講師として自宅やカルチャースクールなどで教えることも可能となります。

バラの育て方インストラクター認定試験の概要

バラの育て方インストラクター認定試験は年に6回、偶数月に開催されています。受験資格は特に求められていないので、どなたでも自由に日本インストラクター技術協会の公式ホームページで受験手続が行えるようになっています。

受験方法は在宅受験スタイルを採用しているので、交通費を工面することや受験会場に出かける必要なく、気軽に挑戦することが魅力と言えるでしょう。受験手続き申請後、登録した住所に受験票、問題・解答用紙が届く際、受験料税込み10,000円を支払います。

5日間の試験期間内に受験をし、解答用紙を郵送します。約1ヶ月後に合否の通知が届く、という流れになっています。合格基準は70%なので比較的合格しやすいものですが、専門的な知識が求められているため、しっかり勉強してから受験するようにしましょう。

バラの育て方インストラクター資格に試験勉強方法とは?

バラの育て方が初心者の方や基礎からしっかり学びたい方には、バラの育て方インストラクター資格の認定協会が推奨している通信講座を利用することで、効率よく試験対策が行うことが可能です。

たとえば諒設計アーキテクトラーニングの「バラ鑑定士W資格取得講座」は、バラの育て方インストラクターだけでなく、バラ鑑定士資格の試験にも対応しています。

希望するとすれば、認定試験免除で、確実に資格が認定される「スペシャル講座」も用意されています。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ無料の資料請求をしてみましょう。

バラの育て方インストラクター資格