バラの香り成分の不思議と魅力

バラの香り成分がもたらす効果とは?

バラの花には不思議な魅力があると、古くから世界各地で利用されています。特にバラの花の香りの芳香成分は、女性ホルモンと同じ効果が期待されています。

特に肌細胞の再生の役割を果たている女性ホルモンのひとつエストロゲンは、バラの香りによって分泌が促されるだけでなく、肌のターンオーバーを正常に修復するよう促すこともできるので、美肌とアンチエイジング効果も期待できます。

バラの香り成分の不思議と魅力

また、バラの芳香成分に含まれているティーローズエレメントという成分には、鎮静効果やリラックス効果をもたらしてくれます。リラックスできる香りの定番であるラベンダーを利用される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ラベンダーとバラのリラックス度をみるために、脳波を測定してみてみると、ラベンダーよりも4~5倍の鎮静効果がバラの香りにはあることが分かりました。毎日の疲れやストレスを癒したい方にとって、バラの香りを毎日の生活に取り入れてみませんか?

心と体にはたらくバラの香り

バラの香りは、心ろ体にしっかりはたらきかけてくれます。心に対しては抑うつ、悲嘆、憎しみ、嫉妬などの感情を和らげる効果があるだけでなく、心を明るく高揚させたり、神経の緊張やストレスをほぐすはたらきを期待できます。

女性の肯定的な感情を積極的な感情へとコントロールする心へのはたらきに加え、体にもはたらきかけます。たとえば女性特有の月経前緊張症を鎮めることや、月経周期のサイクルを正常へと促します。

性的な障害にもはたらきかけ、幸福感を与えるドーパミンをたくさん分泌させることで、症状を緩和へと導きます。また、血液循環を活発にして心臓の充血を緩和させる効果や、毛細血管を強める働きもします。

香りを嗅ぐだけでも嬉しい効果が!

良い香りが魅力的なバラですが、この香り自体にスキンケアを得られます。バラの香りにはバリア機能の回復を促す働きをしてくれるので、肌の調子が不調…という方には、バラの香りを嗅いでその効果を実感してみてはいかがでしょうか

バラに含まれているネロールという香り成分のひとつには、シミやそばかすを防ぐ効果や、お肌を弾力へと導く効果など美容面の効果だけでなく、抗アレルギー作用も期待できます。バラの香りは嗅いで癒されるだけでなく、キレイにもなれます。是非、この不思議なパワーをご自身の肌で実感してみませんか?