目的別のバラの種類と選び方

用途や目的に合った最適なバラを選ぶには?

バラの品種は4万種以上あると言われています。あまりにもたくさんの品種があるので、特にバラ初心者の方にとっては、どの品種を選んだらよいのか、悩んでしまうことでしょう。

目的別のバラの種類と選び方

そこで自分に合った最適なバラを選ぶ基準は、4つを考慮すると良いでしょう。それは下記の4点です。

最適なバラを選ぶ基準

  1. 花の色
  2. 香りの有無
  3. 耐病性
  4. 樹形

この中のどの基準を最も重要視するかを選び、それをベースに目的別のバラの種類を選ぶようにしましょう。

「花色」と「香り」

バラには豊富な色が揃っています。どのバラを選ぼうか?と悩んでいるとしたら、自分が一番惹かれる色や、植えたい場所にマッチする色を選ぶことがポイントになります。バラの花色には、単色や開花と共に少しづつ色合いが変化していくタイプ、複数の色がまじっているタイプなど実にさまざまです。

たとえば定番の赤色のバラとして「二コラ・パガニーニ」、時期によっては赤に黒みが増す「パパ・メイアン」などがあります。イングリッシュローズの黄色と言えば「グラハム・トーマス」、爽やかなオレンジ色が魅力的な「レディ・エマ・ハミルトン」などが挙げられます。

花色に続き、香りも重要なポイントです。バラの香りには強香、中香、微香、無香の4つがあり、苗のラベルに表記されています。バラの香りはとても魅力的です。香りが強ければ強いほど、楽しみも最上になるでしょう。

もちろん、香りの重視度には個人差がありますが、香り目的でバラを育てたい方には、爽やかな香りを放つ強香品種「フレグラント・アプリコット」、圧倒的な香りが魅力的な「イヴ・ピアッツエ」などがおススメです。

「耐病性」と「樹形」

バラには”黒星病”や”うどん粉病”などの病気にかかりやすい傾向があります。しかし、品種によっては病気にかかりにくいものもあります。ですから、初心者の方は、病気にかかりにくい耐病性が強い品種がおススメです。

そして、最後のポイントは、樹形、つまり、成長する形です。栽培スペースや場所に一番大きな影響を与えると言えるでしょう。樹形には木立性のブッシュタイプ、つる性のクライミングタイプ、半つる性のシュラブタイプの3つの樹形に分類されています。

支柱や構造物に誘引しない自立できるという特徴があり、庭などに植えたいときは木立性がおススメです。一方、アーチや建物外壁などにバラを誘引させたい場合、つる性バラを選びましょう。半つる性は自立もできず、つる性ほど枝も伸ばさないので、広いスペースがある場合におススメの品種です。