バラ鑑定士(JLESA)

「バラ鑑定士」資格とは?

「バラ鑑定士」資格は、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している民間の資格です。この協会は日常生活の幅広い分野の一定基準の知識と技術を保有している方に認定される資格です。

バラ鑑定士(JLESA)

バラ鑑定士資格の場合、バラ鑑定士としてバラに関する基本的な知識を有していることが認められます。具体的にはバラの基礎知識、バラの歴史、花言葉、バラの品種、バラの色、バラ科の植物、珍しいバラの品種、バラの香り、バラの種類、バラの効能、食用バラの食べ方、バラを使用した染色、バラのアレンジ方法などバラについての幅広い専門的な知識が求められています。

資格取得後は、バラ鑑定士として園芸業界で活躍したり、自宅やカルチャースクールなどでバラのプロとして講師活動も可能となります。

バラ鑑定士資格の認定試験概要

バラ鑑定士認定試験は年に6回、2ヶ月に1度、定期的に実施されています。受験の申し込みは、日本生活環境支援協会の公式ホームページから行います。受験資格は特にないので、どなたでも自由に受験することが可能です。

試験期間は5日間あり、自宅での在宅受験を採用しています。わざわざ試験会場まで赴く必要がないので交通費もかからず、地方に住んでいる方や外出することが難し方などでも気軽に挑戦できることに加え、自宅の落ち着いた雰囲気で試験を受けられるのはメリットと言えるでしょう。

受験料は税込み10,000円で、合格基準は70%以上となっています。

バラ鑑定士資格のおすすめ試験対策方法とは?

バラ鑑定士認定試験は、合格基準が70%以上なので比較的合格しやすいものと言えますが、バラについて専門的な知識が求められているので、しっかり試験対策をする必要があります。そこでおすすめのツールは、日本生活環境支援協会が推奨している通信講座を利用することです。

たとえば諒設計アーキテクトラーニングの「バラ鑑定士W資格取得講座」は、バラについて初心者の方でも基礎からしっかり学びつつ、最短2ヶ月で資格取得達成できるような講座内容となっています。

この講座には通常の講座だけでなく、認定試験免除で確実に資格が取得できるスペシャル講座も用意されています。

学習中に分からないことがあるような場合には何度でも専属のスタッフにメールで質問出来るようになっており、どなたでも安心して受講できるという面でも評判の講座です。バラ鑑定士資格取得を目指し、講座で勉強をはじめてみませんか?

バラ鑑定士資格